SEMINAR

  • ゼミのテーマ
    テレビジョンの社会学/インターネット時代の映像の社会学

1953年に誕生した日本のテレビは、さまざまな<流行>を生み出し、さまざまな<風景>を切り取ってきました。テレビとは、戦後日本を映しつづけてきた巨大なメディアです。テレビ離れが叫ばれていますが、これほどまで全世帯に普及し、日本の文化に根ざしたメディアもなかなかありません。
現在、さらにYouTubeやNetflix、Hulu、Amazon Prime Video、TVerといった動画配信サイトが普及しています。このゼミでは、これまでの「テレビ文化」を考えつつ、「インターネット時代の映像文化とは何か」についても考えたいと思います。現在放送中のテレビ番組や過去の番組、インターネット上の映像も利用しながら、現代社会に溢れかえる「映像文化」の意味を考えます。
3年次では、番組を視聴してディスカッション、文献調査、学外見学、上映会企画等をしながら、テレビについての理解を深めていきます。そのうえで、グループで研究プロジェクトに取り組み、合同発表会を予定しています。4年次では3年次の成果をもとに、卒業論文の執筆に取り組んでもらいます。

ゼミ生によるブログはこちら

  • 担当授業
    メディア史
    放送論
    文章応用実習
    マスコミセミナー
    専門演習1
    専門演習2
    卒業研究1
    卒業研究2