【6期生ブログ6】万博イベント

こんにちは!梅雨入り直前となり、昼間は半袖でも汗ばむほど暑く、夜はほんのり肌寒い、そんな日が続いています。猛暑が予想される夏に向けて、水分補給をこまめにしつつ、うまく体調管理をしていきましょう。 

今回は、5月28日(土)に行われた、6期生初めての課外イベントを取り上げます。青空広がる中、僕たちは万博記念公園に行きました。ピクニックをしたいという意見が多かったため、芝生の広場のもとでレジャーシートを広げて輪になり、ランチを楽しみました。話やシャボン玉遊びが盛り上がるなか、先生も加わって大縄跳びの8の字で50回を目標にチャレンジすることに。その結果、なんと倍の100回を達成しました!続いて共同研究の班対抗の跳び勝負では、他の班より1回でも多く跳ぼうと全力で頑張りました。皆と一緒に身体を動かしたことで、仲がさらに深まったように思います。

その後、太陽の塔内部の見学に行きました。生命が誕生し、人類に進化するまでを表現した樹木が高くまで伸びた、岡本太郎の作品の迫力に圧倒されました。また、50年前の作品が今でも神秘的に感じることに、岡本太郎の凄さをあらためて感じました。そして、公園内にある国立民族学博物館にも見学へ。ここには世界の伝統的な文化や言語、歴史に関する普段見られない貴重な資料がたくさんあり、実際に目にすることでより興味をそそられるものばかりでした。たくさん動いた後だったので皆少々お疲れ気味ではありましたが(笑)、世界一周したようでとても楽しめました。

企画してくれたイベント係の皆さん、入念な計画と準備、本当にありがとうございました。これからの共同研究に向けて、充実した決起集会になったと思います。そして、今後のイベントも今から楽しみです。次回のゼミ生ブログもお楽しみに。(不破)